自社施工と下請けに任せる工務店の違い

自社施工と下請けに任せる工務店の違い

工務店には、自社施工と下請けに任せるタイプの2種類があります。
自社施工はその名の通り営業から工事まで一貫して行う工務店で、価格が安くなったり責任感のある仕事をしてくれたりなどが特徴です。
それに対して営業と設計だけは自社で行い、現場での工事は下請けの工務店や職人に任せるスタイルもあります。
近年デメリットが多く指摘されるスタイルであり、価格が高くなりがちやトラブルが発生したときに業者同士で責任の押し付け合いが発生するなど言われています。
そのため現在では自社施工が良いとされ、それをウリにしている工務店も増えてきました。
どちらのタイプを選ぶにしろ、大切なのは信頼できる相手かどうかです。
トラブルが起きたときの取り扱い明確にし信頼できる元請けなら、施工を他に任せていても安心できるかもしれません。
相談する業者のスタイルを確認しつつ、信頼できる相手に家づくりを依頼するのが失敗しないポイントと言えるでしょう。

その工務店の経営は大丈夫?自社施工で信頼性を見極める!

家を新築するにあたっては、これから工務店の利用を考えている人もいるのではないでしょうか。
一般的にこのタイプの建築業者に対しては、地元で昔から続く比較的小規模な建築業者をイメージする傾向があります。
そのため見た目だけで判断する人の中には、何かと不安を感じて、なかなか一歩が踏み出せいないケースもあるはず。
確かに小規模な建築業者になると、経営状態が外部から判りにくいため、倒産のリスクが心配かもしれません。
そこで信頼できる工務店を見極めるにあたっては、幾つかのポイントをあらかじめ理解しておくことが肝心です。
その中でも特に役立つのが、自社施工の有無。
能力に欠ける工務店の中には、契約だけ取った後は下請けに丸投げしたり、不得意な施工部分を業者仲間に依頼するなど、責任の所在が曖昧になりやすい傾向があります。
これでは中間マージンが発生して建築コストが増える上、家の完成後に不具合が発生してもトラブルになりやすいと言えます。
この点、自社設計かつ自社施工できる工務店であれば、それだけ建築する技術力や責任能力も高いことが推測できます。
このようなことも、業者選びの判断材料にするとよいでしょう。

著者:蔭山康晴

筆者プロフィール

岐阜県各務原市生まれ。
魅力的な住まいを建てるために、安心して任せられる工務店について執筆しています。